化粧品の過剰在庫が発生する理由とは?化粧品を買取る際の注意事項も紹介

「化粧品の在庫が増えてしまう原因は?」「買取る際の注意点が知りたい」といった悩みを抱えているメーカーもいるのではないでしょうか。本記事では、化粧品の過剰在庫が発生してしまう理由や買い取る際の注意点などについてまとめました。

過剰在庫が発生する理由

化粧品の過剰在庫が発生する理由には、以下の原因が考えられます。

 ・企業買収・吸収合併による影響

 ・定番カットの通告

 ・自社ブランドの化粧商品が売れなかった

それぞれ下記でみていきましょう。

企業買収・吸収合併による影響

企業買収や吸収合併の影響で、経営方針や商品ラインナップが変わることがあります。すると今まで通りに在庫が販売できなくなるため、過剰在庫として扱われ、処分に困ってしまうでしょう。新たな販売経路が開拓された場合には、今までの在庫をマーケットで販売できる可能性もありますが、マーケットの変化により在庫の流通に支障が生じることもあります。そのため、買収や合併前に在庫を見直したり、商品の再評価を行ったりして、在庫の品質や販売期限などを把握することが大切です。

定番カットの通告

定番商品の販売が終了したり、ラインナップが変更したりすることで、在庫が過剰在庫になることもあるでしょう。経営方針を変えることは、顧客の購買行動や商品の需要変化などに対応するためにも必要な戦略です。しかし、事前に顧客へ経営方針・商品ラインナップが変わることを通知しなければ、売れずに在庫として残ってしまいます。

できるだけ過剰在庫を最小限に抑えるためにも、販売終了までの期間を儲けて、顧客とコミュニケーションを重ねることが大切です。

自社ブランドの化粧商品を作ったが売れなくなった

一時ブームのように単品リピート通販用として自社ブランドで製造・販売された化粧品ですが、最近は陰りが見えます。売れなくなった理由としては、

 ・注目された原料を採用したが競合商品が増えた

 ・採用した原料ブームが去ってしまった

 ・製造原価を下げるために品質の競争力がない製品を販売した

 ・薬機法が厳しくなり、今までの広告戦略ではダメになった

 ・今まで採用していた広告のコストが高くなった

 ・計画していた販売数量を見誤り、過剰に作りすぎた

主に考えられる理由の一部を上げましたが、複合的な理由が重なり合って売れなくなってしまいます。一般的に化粧品の粗利率は高く設定されているのですが、ブランドイメージを気にして安売りするのは避けたいのが、メーカーさんの本音でしょう。しかし、在庫を買取ってもらう場合は、メーカーさんの希望通りに進まないケースも多いのです。

化粧品を買取る際の注意事項

化粧品を買い取る際は以下のポイントに注意しましょう。

 ・化粧品と化粧雑貨の違い

 ・化粧品の使用期限

 ・お客様相談センターの受付体制

それぞれ詳しく解説していきます。

化粧品と化粧雑貨の違い

化粧品と化粧雑貨は混同されやすい商品ですが同じではありません。以下で化粧品と化粧雑貨の違いを簡単にまとめているので、参考にしてください。

 ・化粧品:美容や健康を目的として使用される製品

 ・化粧雑貨:化粧品を使用するための道具や小物

化粧品にはスキンケア商品やメイクアップ商品、化粧雑貨であればメイクブラシやポーチなどが挙げられます。また化粧品の使用期限は前述したように3年ですが、化粧雑貨には使用期限がありません。

化粧品の使用期限とは?

化粧品の使用期限は、適切な保管環境で3年、開封後の目安は半年以内です。使用期限が過ぎると劣化や細菌繁殖が進み、肌トラブルの原因となることがあります。化粧品の使用期限に注意することは、肌トラブルを防ぐだけでなく、効果的な美容効果を得るためにも重要です。使用期限が近い商品や開封された商品は、買取価格が下がる場合があるため注意しましょう。

お客様相談センターの受付体制

化粧品を買取る際、お客様相談センターの受付体制にも注意しましょう。化粧品は、個人差や肌質によって合う・合わないがあるため、買取後にトラブルが生じることもあります。何か問題があれば、できるだけ早くお客様相談センターに問い合わせしなければなりませんが、中には問い合わせをしても時間ばかり過ぎてしまったり、対応の質が低かったりして一向に解決しないこともあるでしょう。

またお客様相談センター受付のクオリティ以外にも、事業撤退・売却、倒産などが起こった場合のサポート体制についても確認することが大切です。買取先の企業がサポートを継続できなくなってしまった場合、商品のトラブルや不具合があっても適切な対応が受けられないことがあります。そのため、化粧品を買い取る際は、買取先の企業のお客様相談センターの受付体制にも注意することが大切です。

まとめ

日本における化粧品の廃棄量について正確な数字は公表されていませんが、膨大な量が廃棄されていると考えられています。化粧品は、使用期限が切れたり、肌に合わなかったり、新しい商品が発売されたために使用しなくなったりするなど、様々な理由で廃棄されます。化粧品の廃棄は環境に大きな負荷を与える可能性があります。廃棄する前に流通にのせる消費者に使っていただくことを考えましょう。